4D超音波装置


[大きなサンプル写真]

4D超音波装置とは静止画像である3D超音波装置に対し、さらにリアルタイムに動いている胎児を動画像でみることのできる装置です。
これは、医療的な検査というより、お腹の中の赤ちゃんの表情やしぐさをみていただきより赤ちゃんのイメージをつかんでいただくことが目的です。これによりさらに赤ちゃんに対する愛情が深まり、母親、父親になるという実感が強くなることでしょう。
ただし、4D超音波装置は羊水の量や赤ちゃんの向き、位置によっては残念ながらきれいにお撮りすることができませんのであらかじめご了承下さい。

 妊娠4ヵ月頃に1回、妊娠6ヵ月頃に1回、妊娠8ヵ月頃に1回、計3回、妊婦健診の際に行います。費用は無料です。(通常の妊婦健診・超音波検査料金はかかります。)

記念にエコー写真はもちろんビデオ録画、さらにはメールアドレスを登録されております患者様には御希望で、携帯電話に画像(静止画、動画)を配信するサービスを平成17年7月1日より開始しました。詳しい内容は産婦人科スタッフまでお問い合せ下さい。

産科・婦人科TOPへ


 048-526-1171
(C) 平田クリニック